天命と天職のマッチング

好きなことで才能を発揮して、それが仕事になって経済的にも豊かな人を、天職についていると言いますよね。また、人からずば抜けて秀でた才能を発揮している人を天才と呼んだりもします。アーティスト、スポーツ選手、経営者、、、きっとさまざまな方を想像できると思います。

 

でも、実は天才道ではそれだけで「天才」とは言わないのです。

 

どういうことかというと・・・その人たちが本当に心からの幸福感、安心感、自由を感じて生きているか?と言ったら、それは必ずしもみんながそうとは言えないと思いませんか。

 

みなさんが天職を求める動機には、きっと幸福感や安心感、自由などが含まれていると思います。

この、絶対的な安心感・幸福感・自由性を持って生きることを「天命を生きる」と言うのですが、実は、天才道で目指す天才は、この「天命」と「天職」がマッチングされた状態なのです。

 

 

「天命を生きる」を一言で言うと「真理に則った生き方をすること」であり、絶対的な安心感・幸福感・自由性を持って生きるために「全肯定して生きる」とも言い換えられます。

 

天命を全うするために、誰もが最善の環境を選んで生まれてきます。だから、広い意味でいうと、すでに人はみんな天命を生きているんです。

でも顕在意識ではそうと思えずに、親、パートナー、仕事を、「違う!」と否定したくなります。この、苦しかったり悩んだりするところを、どう肯定できるか?が、天命を生きているという「自覚」をもつために大事なんです。

 

本当は違わない、ベストフィットだと自覚するために、感情学修があります。

 

否定している体験を感情学修で肯定していくことで、天命を生きている自覚=命の本質とのつながりが強くなっていき、その結果得られるのが、「絶対安心・絶対幸福」「自由」といった心境なんです。

 

これを繰り返すことで、顕在意識レベルで、「何をすれば命の本質を使えるようになるか」「天の職を全うできるようになるか」がわかるようになっていきます。

 

そして肯定感を身につければつけるほど、天命から天職へとエネルギーが流れ、オーダーとして、天職がでてくることになるんです。

 

だから、実は天命はどんな仕事をしていても生きられます。

でも、それぞれの魂の個性にフィットした仕事「天職」につけた方がより良いですよね。

 

ただ天職につければいいだけでなく、天命とマッチングした天職を求める方のための天才道なのです。