天才道基礎知識

職のための能を発見し、引き出し、ワクワクしながら天才の域にまで育てるためには?天才道を歩むための極意。

天才であることを

認める

人生は「認めた」ことでできている。
「認識論」ともいわれ、人間は毎瞬毎瞬「自己承認」して生きています。だから自分が天才である事を承認し続けることが、天才を発揮するために大切です。

観方を変える

天才は、必ず誰もが生まれ持っているもの。ない人は生まれてきません。

本当はあるのに、見えてない、気付いていない・・・ということは、その観方の「感性」がポイントになります。

天敵は既成概念

誰しもが持っている天才を潰すのは、「普通は」「常識では」「道徳的に」という周りの声、自分自身の声です。親がこのように知らず知らずのうちに子どもの天才を潰していくこともあります。


天才ゾーンを目指す

天才が見えない・発揮できないのはブロックがあるからです。これはセルフイメージの壁。壁を構成する4つのゾーンを知ることで、現在の自分と目指すべき場所が明らかになります。

才能は道具である

才能がみつからない、どう活かしたらいいかわからない、というときには、なんのために才能が欲しいのか?と考えてみましょう。才能はあなたの「目的」のために使い磨いていくものなのです。

才能と能力の違い

才能について考える時、才能を分解して構成要素からみていくことができます。「感性」「能力」「価値観」といった構成要素それぞれを磨いていくことで才能がどんどん開花するのです。


天命と天職の

マッチング

天職についている人全てが、人生において幸福感を感じているかと言ったら、そうとは言い切れません。天才道でめざす天才は、職の充実だけでなく、天命を全うすることもできるのです。

ヴィジョンは

今創られる

ヴィジョンというと未来のことですが、それを観ているのは「今」です。ヴィジョンがどれだけ先のことだとしても、その実現に大事なのは、「今」集中して何を信じ、何を思い続けるか?なのです。

体験の全ては

完璧なプロセス

coming soon!


潜在価値を高める

coming soon!

抵抗があるから

飛べる

天才道を歩む中での抵抗は、あなたには無理だということを教えるためにではなく、あなたを飛び立たせるために存在しています。抵抗を上手に活用し、羽ばたくための具体的な方法があります。